大学時代、ソイエでの脱毛にハマり・・・これからは永久脱毛に通いたい私

公開日:  最終更新日:2016/03/30

小学校高学年ごろから足の無駄毛が人より濃いことが気になり始めていたのですがそのまま放置。
中学校にあがり、体育祭の前に意を決して処理を始めたのが、私の無駄毛との戦いのはじまりでした。

その頃は、無駄毛処理用の安全カミソリを購入することだけでも恥ずかしく、
いったい世の女の人はどのくらいの割で無駄毛に悩むのか、不思議に思ったものです。

お風呂タイムにカミソリで除毛というのが、私の日常になりました。
ですが、時々カミソリ負けしたり、冬は肌がかさついたり、ちょっと処理を忘れると不快なチクチクに悩まされたり。

大学生になり、《きれいなお姉さんは好きですか》のCMが印象的だったソイエを購入し、脱毛をはじめました。
痛みはあるものの耐えられないほどではなく、一度処理するとしばらく持つことも大変魅力的で、なぜ今までこれをしなかったのかと思いました。

結局その後も、私は家庭用脱毛器一筋でやっていました。

そして子供も生まれ二児の母になった今、わりと多くのママ友が大学時代に永久脱毛をしていることを知り、衝撃でした。
今更な感もありますが永久脱毛に興味があります。

もっと若いうちに通っておけばよかった…という後悔も。。。

でもキレイに年齢制限はありません!
二子玉川での医療脱毛はあまり種類がありませんが、
渋谷とか川崎まで出て腕や足など露出の多いところを脱毛し、長年のコンプレックスを解消したいなと思っています。

⇒二子玉川で脱毛しよう!脱毛サロン特集 TOPページ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑